2013年2月18日

一丁目って1丁目じゃだめなの?~住所には2通りある!番地と番・号

ちょっと話がそれますが、住所って「大手町1-1-1」みたいに省略して書いても郵便物は届きますよね?本来は「大手町一丁目1番1号」なわけですが、「一丁目」って何だと思います?
町名?街区符号?住居番号?

「一丁目」って「大手町」とくっついて一つの固有名詞なんですよ。つまり「大手町一丁目」で1つの言葉なんです。「大手町一丁目」が1つの町の名前なんです。「大手町」と「一丁目」を切り離してはいけませんし、「大手町1」でも「大手町1丁目」でもないんです。このくっついた名称を「町丁名」なんていいます(多分正式な名称はない)。

千代田区の場合ちょっと根拠が弱いですが、千代田区の町名を見ると「大手町一丁目」が正式な丁目であることが分かります。自治体によっては条例で名称・表記・読みなどを規定しているところもあります。

だから表記するときはできれば「大手町一丁目1番1号」、せめて「大手町一丁目1-1」って書いてほしいです。だって、「こばやしたけし」って名前なのに、書きやすいからという理由だけで「こばやしたけ」とか「こばやしたけすぃ」とか表記されたらイヤじゃないですか?そんな宛名の手紙が届いたら気分悪いでしょ?

それに「大手町一丁目1番1号」と「大手町一丁目1番地1」は略すとどちらも「大手町1-1-1」で区別がつかなくなりますしね。

ついでに、たまに見るのが「大手町一丁目1番1-1234号」って表記。何だと思います?多分なんですけど、マンションとかの部屋番号を「号」に含めちゃってるんです。正確に書くなら「大手町一丁目1番1号 ○×マンション1234号(室)」です。「○×マンション1234号(室)」の部分は「方書(かたがき)」と呼ばれる部位です。本来は下宿人・同居人などへ手紙を送る際に使っていましたが、現在はマンション名やアパート名+部屋番号を表記するときにも使われます。

つづきます。

にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ

0 コメント:

コメントを投稿